ゼミトップ
ゼミ
わん大阪動物の授業はユニークな『ゼミ学習』システムです。手をあげて先生に質問できる人はそうはいません。でも仲間になら気軽に聞ける人は多いはずです。ゼミ学習は友達同士で気軽に話し合ったりします。もちろん、最初に先生の講義があって、ゼミ学習中でもわからないところがあれば先生が説明します。「勉強する意欲がわいてきた!」「集中するから授業があっという間に終わった!」こんな声が聞こえてきます。ゼミ学習風景をちょっとのぞいてみましょう・・。
ゼミ05 ステップ1
最初に先生からのポイント講義
マークゼミ学習はクラスの中を6~8人のグループに分けて行います。まず最初に先生から今回学習する内容のポイント講義が行われます。新しいことを学ぶにはまず先生の説明を聞いてから! ポイント講義のあとは先生から出題された例題をみんなで解きます。
まずは重要ポイントから説明するよ。「ここは、こうなって・・。」では早速やってみよう!
ゼミ21 ゼミ20 ゼミ08
ふむふむ、なるほど・・。 こんな解き方もあるんだぁ さぁ例題出すよ。解いてみよう!
ステップ2
続いて先生の例題解説
マーク先生から出題された例題や過去問題を解き、そのあと、解説が行われます。この時間は演習といって、みんなで同じ問題に取り組みます。 ここまでは、小・中・高校と経験してきた方法ですね。
ゼミ09
では、解説するよ。こんな解き方をすると、あっという間に解けちゃう!
ゼミ10 ステップ3
みんなでディスカッション&演習
マーク先生から出題された例題や過去問題をゼミと呼ばれる6~8人のグループでディスカッションしながら勉強していきます。
ゼミ内の仲間同士でディスカッションをし、説明したり、教えてもらったりしながら授業が進んでいきます。 これらの勉強方法は入社試験などの面接で、自分をアピールするときに役立ちます!
「ねぇこの問題わかった?」「先にこの公式を使ったら簡単に解けた!」
ゼミ13 ゼミ12 ゼミ11
なるほど、なるほど、わかった! 私にまかせて!公式Aに・・。 この解き方であっているのかなぁ
ステップ4
先生の補足とまとめ
マークもし、ゼミ内で解決できなくても大丈夫!先生が側についています。議論が混乱したり誤った方向へ進まないように先生はしっかりとサポートしてくれます。黒板を使ってまとめをしてくれたり、先生もゼミ内に入ってみんなの近くで細かく教えてくれます
みんなに教えてもらったやり方+先生の補足説明でのやり方、両方覚えちゃおう!
ゼミ14
ゼミ16 ステップ5
みんなでディスカッション&理解
マークゼミ学習で「友達が多くできた!」「クラスがまとまって勉強できた!」こんな声が聞こえてきます。「先生に質問するのはちょっと苦手」という人もゼミ学習なら隣も向かいの席も、まわりはみんなクラスメイトで気軽に質問できちゃいます! ゼミ学習を通じて親友に出会えたという人もたくさんいます。
みんなで解決できたときのうれしさは感動モノです!
「教えるのも楽しいね!」「友達には気軽に聞けるしね!」
ゼミ15 ゼミ17 ゼミ18
みんなが先生。これっていいかも! ココもう一度教えて! 解けた!うれしい!
ステップ6
最後にみんなで合格!
マーク「学ぶ意欲がわいてきた!」「集中するから時間も短く感じる!」「教えあうことで自然と友達も増えた!」「みんなで合格できた!」
『自信』と『実力』、この2つをゼミ学習で身につけてみんなで合格を目指そう!
ゼミ19
「この調子で次の問題にも挑戦!」「みんなで勉強!みんなで合格!」
動物実習などもグループで学ぶから楽しい!
ゼミ27 ゼミ26 ゼミ24
ゼミ22 ゼミ23 ゼミ25
▲キャンパスTOPへ
message_u
金城さんドッグトレーナーコース
1年生 金城さん
ゼミ学習がまちどおしいです。
ゼミ学習は相談し合えるから楽しく勉強がすすめられます。友達だから気軽に聞けるし、遠慮もいらないから聞きたいことがすぐ聞けるところが良いと思います。いままでの勉強スタイルとは違って時間が経つのがあっというまです。毎日ゼミ学習が待ちどおしいです。​
message_d
キャンパスブログ