★ドッグトレーニング 犬のきもちを知ろう★

今日は犬の立場に立って"犬の気持ちを知る"ことに挑戦してみました!!

犬役とハンドラー(人)役に分かれてハンドラー役の人が手を出し、犬役の人は右手か左手を乗せます☆

プラスの言葉とマイナスの言葉を決め、ハンドラー役の人が出して欲しい方の手を当てることが出来ればプラスの言葉で褒め、違ったらマイナスの言葉で叱りますo(^▽^)o

今度は指示の言葉を「プリン」などと決め、犬役はどの行動をすれば褒めてもらえるかを探ります(´・ω・`)

なかなか当てることが出来ず、苦戦する学生もちらほら(*´ω`*)

犬の気持ちになることで教える時にも学生それぞれの工夫が見られました( ̄▽ ̄)

マイケルの気持ちもわかったかな?♪

教える為には相手を観察し、どうすれば理解してもらえるかを考えるのが大切です(^-^)